シボレー

美しいボディだけが美学ではない傷や汚れも本物の証 シボレーC10【ホットスポット】

358

もっとアメ車で遊べ!
情熱のTRUCK
今注目のHOT MODELが大集結
2018年はトラックに乗る!
1986 CHEVROLET C-10 SILVERADO

日本でもヴィンテージ・トラックに対する評価が高まり、価格も年々上昇傾向にある。中でもシボレー・C10は人気のモデルで、アメリカでも価格は日本以上に急騰中。そんな状況の中、今回本国より持ち込んだのは、コレクションカーではなく、トラックならではの使い込まれたモデルだ。

358

国内新規登録の味わい深いC10が入庫

やれエコだ、やれ自動運転だと、クルマ業界はエコと最新技術の話で持ちきりだ。その一方で、旧き良き時代のクルマをもう一度堪能したいというヴィンテージファンも多くいるのはご存じの通り。古いクルマを大事に乗る。これ以上ないエコな行ないを、もっと評価されていい。そんなヴィンテージライフで今、注目されているのがアメリカ特有の文化カテゴリーである「トラック」のヴィンテージモデルだ。本国でのトラック・セールスではフォードが圧倒的だが、コレクションとしての評価が高いのはシボレー・C10のようだ。埼玉県のホットスポットは、過去に多くの世代のC10を販売したプロショップ。そんな同ショップで現在販売中なのが、国内新規登録の86年型C10・ロングベッド。使い込まれた姿が味わい深い、トラックならではの状態だ。

美しくさせるのはいつでも可能この状態に至るまでの歴史を味わう

56

本国で自らチェックし機関系は良好

世代で大きく風貌が変わるシボレー・C10。今回の86年型は、1973~1987年の第三世代。C10の中ではお馴染みのフェイスといえる。因みに、第三世代の中でも79年型まではヘッドライト形状が丸型となっている。ホットスポットに並ぶすべての車両は、代表である江田さんが本国で直接チェックし、納得したものだけを仕入れている。このモデルは、32年前のモデルながら2オーナーという経歴で、大事に所有されながらも、トラックらしく使い込まれたのが見て取れて「これがトラック本来の姿だ」と感心させられる。「アメリカでもC10は人気で、コレクターモデルか、ボロボロまで使い込まれたモデルしか出てこなくなりました。そんな中でこれは、使い込まれているけどよく走る掘り出し物」と、江田さんは太鼓判を押す。C10を含むC/Kモデルの良さは、細かい部品まで新品交換がまだできること。やろうと思えばこのモデルも、新車同様にいつでも復活可能。だが、今の傷や凹みがある状態こそが、ある意味でオリジナル。32年間カリフォルニアで過ごした歴史だ。とは言っても気になるのがインテリアや機関系だが、シートやルーフは新品に交換済みで、インテリアは非常に綺麗。エンジンも一発始動だ。もちろん消耗品の交換は順次行なう必要あるだろうが、それは歴史を背負う宿命と心得たい。

エンジンタイプが様々設定されていた同世代のC10。このモデルはスタンダードの5.7ℓV8エンジンを搭載する。ACコンプレッサーを新品に交換済み。

96

ボディにあるこうした傷や凹みも、アメ車のトラックなら味わい深く見える。板金塗装すれば今すぐ綺麗に仕上がるが、逆にこの状態を作り上げるには長い年月が必要。歴史あるモデルとして、この状態で乗るのも一つの方法だ。

172

ホットスポットでは、日本的なサイズであるショートベッドではなく、ハーレーなどの大型バイクも積載できるように、ロングベッドをメインに扱う。このモデルイヤーで、車両取り扱い説明書がしっかり残されているのも感心させられる部分だ。

344

時代を感じさせるインテリアだが、ルーフとシートを新品に交換しているため、想像以上に綺麗な状態。メータークラスターやステアリングなど、社外品に交換されがちなパーツもオリジナルでそのまま残っているのは見事だ。バワーウインドーというのもありがたい装備だ。

203

SHOP INFO

HOTSPOT【ホットスポット】

●所在地/埼玉県北葛飾郡松伏町魚沼13-1
●TEL/048-972-4891
●URL/http://www.hotspot-usa.com

写真/古閑章郎

文/相馬一丈

アメ車マガジン 2018年 4月号掲載


関連記事

  1. The 2017 Camaro ZL1 is poised to challenge the most advanced performance cars in the world in any measure  Ewith unprecedented levels of technology, refinement, track capability and straight-line acceleration. A cohesive suite of performance technologies tailors ZL1’s performance, featuring an updated Magnetic Ride suspension, Performance Traction Management, electronic limited-slip differential, Custom Launch Control and Driver Mode Selector. The ZL1 Convertible’s modular underbody bracing provides the same sharp, nimble handling as the coupe, while its fully automatic top can be raised or lowered with a single button while driving up to 30 mph, or lowered remotely with the keyfob. 最強のカマロがさらに最強になった!ヘルキャットも凌駕する!? 2…
  2. 2017 Chevrolet Silverado 1500 LTZ Z71 兄弟車も含めて豊富な選択肢がある GMの定番フルサイズトラック …
  3. 679 GMC C-20は、フルサイズトラックのルーツともいえるピックア…
  4. IMG_1559 ストリートロッドのベース車として、ダントツ人気のデュースこと32…
  5. _B0V1089 マーキュリーブランドの豪華スペシャルティ 1974y FORD …
  6. DSC_0951 ストレートなボディシルエットのセカンドジェネレーションカマロ
  7. CHEVROLET COLORADO ZR2、シボレーコロラドZR2 ライバルはタコマTRD‐Pro? いや打倒F‐150ラプター!シ…
  8. 1960-1970_tobira 数々のハイパフォーマンスカーが誕生、後年にはマッスルカーとして有…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP