クライスラー

“悪さ” を追求してたどり着いたアウトローダークスタイル クライスラー300C【ジェットシティ】

_DSC77677

ラメ入りブラウンが神々しく輝く
CHRYSLER 300C CUSTOMIZE

同系のLXプラットフォームを持つチャージャーやチャレンジャーと比べ300Cはジェントルなイメージが高く、ボディカラーは黒・白のモノトーンが鉄板だ。そうした点から見ても、ラメ入りブラウンというボディカラーのチョイスは勇気の要る選択といえる。しかしこの選択は大成功。光の明暗でボディはゴールドにもなり、神々しく輝く。今後オールペンを検討するユーザーには、候補に入れたいボディカラーだろう。

_DSC77677

グリルはE&Gを装着しボディ同色にせずブラックを残したことでフェイスにコントラストを与えている。他にはクロスマフラー、ルーフ&トランクスポイラーを装着。ジェットシティで施されたカスタム車両に入るリアのピンストも隠れたアクセント。エアサスはユニバーサルエアだ。

ホイールはゴールドにも変化するボディに合わせヒプノティック24インチ。ブラックとゴールドにカラーコーディネートされている。

_DSC7727

インテリアも大きく変化。シートはブラックレザーを基調にオレンジのパイピング仕上げ。そしてヘビ革を大胆にバックシートに使い、アルカンターラで張り替えたルーフにもヘビ革が入る。シートベルトもオレンジになるなど、ワンポイントのカラーリングが非常に効果的に映る。

_DSC7752

【OWNER/内田勇馬さん】

_DSC7784

近寄りがたいオーラを放つブラウンボディ。300Cが持つ「悪さ」を最大限に引き出すスタイルは、300Cならではのカスタマイズとなっている。徹底的にアウトローを目指す!これが300Cの永遠のテーマだ!

■問合せ:JETCITY 【http://carshop-jetcity.com/】

■Photos/高原義卓 ■Text/相馬一丈


関連記事

  1. 2017 Chrysler 300C Platinum クライスラーブランドの誇る フルサイズ・ラグジュアリーセダン ク…
  2. AM3I0150 高校時代に一目惚れ、300に対する愛は深い クライスラー300 …
  3. _N6I2636 映画「グリーン・ホーネット」の劇中で実際に使用されたインペリアル…
  4. _N6I6383 9コートパールが生み出すツヤが只ならぬ艶かしい姿を表現する!リン…
  5. _N6I2257 メーカー自らがチューニングしたクルマ、それがSRT8【カーボック…
  6. 1970 プリマス サテライトワゴン、1970 プリマス ロードランナー 同じフェイスでもキャラクターの異なる2台の魅力 ロードランナー&…
  7. N6I5519 V6で何が悪い?! スポーティに走れるダッジ【グッドスピードイン…
  8. RSF_3006 クールな雰囲気のツヤ消しブラックにフルラッピングしたダッジチャー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP