アメマガガールズ

日本でもっともクライスラー300Cを愛するアメ車女子

CA4R0031

CA4R0018

日本でもっとも300Cを愛する女子進化への情熱は止まらない!

様々な車種で世界進出するリバティウォークの、300C部門でマスコット的位置付けのモデルがこの300C。革新的で常に進化を果たすために、オーナーであるHemI姫さんの300Cに対する情熱も不可欠だ。LBと彼女の野望はまだまだ終わらない!

300Cを取り上げるとなれば、300Cの知名度を一気に上げたリバティウォークは外せない。そして、LBがプロデュースした数多くの300Cオーナーの中で真っ先に声が掛かるのが…HemI姫さんだ。過去のアメマガをさかのぼれば、彼女の登場は何度かある。基本的に一度登場すれば、2度目はよっぽどのことがない限り難しいのだが、彼女の場合その「よっぽどのこと」をやってしまう。旧型HEMIカスタム、出産記念新型カスタムなど、妊婦の時でもママになっても最新カスタムを追い求める情熱は衰え知らず。

CA4R0055

今回は、フォージアート2015年モデルのBULLONE-ECLの22インチをインストールという、超新作スタイルを披露。ディスクカット面の違いでホイール回転方向が決まっているなどかなり繊細なデザインを持つのも特徴で、リア10.5Jものサイズを匠の技術で美しくフェンダーに収める姿はまさに芸術品。LBボディキットのフルコンプリートはもちろんのこと、HemI姫の名前の通りHEMIエンジンに見せる演出を施すのも彼女のお家芸。エンジンカバーは光の加減でオレンジやレッドにも変化するカメレオンパール塗装、エンジン各種パーツはビレット化。さらなる進化へ向け、何やら新しい動きもありそうな…。

CA4R0138

CA4R0143

インテリアパネルはピアノブラックにペイントされている。エンジンカバーは、レッド&オレンジに変化するカメレオンパールとピアノブラックのコンビへペイント。各種パーツをビレット化し、こだわりのHEMIエンジンに見せる演出を施している。

旧型、新型といずれもHEMIエンジンを乗り継いで、LBの300Cの象徴的存在となるHemI姫さんの2012年型モデル。LBフロントハーフスポイラー、リアハーフスポイラー、トランク&ルーフスポイラー、4本出しマフラーのフルコンプリート。今回の一番のトピックは、フォージアート2015年モデルBULLONE-ECLの22インチをインストールしたこと。ホイールの回転方向が決まっているなど、ディスクカットデザインが左右で違う。

CA4R0176


セマ出展車両のクライスラー300をパワフルにこなすアメ車女子

押し出し感の強い威風堂々とした表情で魅力を放つクライスラー300C

カスタマイズ済の初代300Cと出会った事で、300Cライフがスタート!


■取材協力:LB PERFORMANCE
http://libertywalk.co.jp/


Text :相馬一丈
Photo:古閑章朗


関連記事

  1. アメマガガール、2015y フォードマスタング2.3エコブースト ノーマルのマスタングで納車されると思ってたら、旦那様が内緒でカス…
  2. 1962 Pontiac Bonneville、1962 ポンティアック ボンネビル レースシーンでも活躍した初期のマッスルカー ポンティアックボンネ…
  3. DSC_8025 エスカレード狙いが試乗してリンカーンナビゲーターに NOZOMI…
  4. 01_23A1379 ワイスピに刺激を受けて2代目チャージャーに熱愛 ダッジチャージャ…
  5. HUMMER H2 タコマに乗る姉の影響を受けて選んだのはH2!
  6. RSF_3242 初のアメ車は一目惚れで手に入れたキャデラックブロアム
  7. DSC_1626 愛車はサバーバンと同じ顔を持つC-1500。当てては直しを繰り返…
  8. DSC_3776 今は希少なマークⅧが愛車のアメ車女子 リンカーン マークVIII…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×