クーペ

入手困難になりつつあるポンティアック ファイアーバード トランザム【エフパフォーマンス】

1973 Pontiac Firebird Trans-Am、1973 ポンティアックファイアーバードトランザム

1973 Pontiac Firebird Trans-Am、1973 ポンティアックファイアーバードトランザム

1979 Pontiac Firebird Trans-Am、1979 ポンティアックファイアーバードトランザム

Vintage Ecstasy 官能のビンテージアメリカン

1973 Pontiac Firebird Trans-Am
1979 Pontiac Firebird Trans-Am

クルマは飾りじゃなく乗って楽しむ!

高騰著しい70年代マッスルカーのなかでも、ファイアーバード・トランザムは入手困難になりつつある。そんなレアモデルであっても「クルマは飾りじゃなく乗って楽しむもの」というコンセプトで、現代でも不自由なく走るために車両を仕上げているのがエフパフォーマンスだ。

走りを楽しむため徹底的に仕上げていく

トランザムカマロを20年以上専門に取り扱う東京都江戸川区のエフパフォーマンス。その他、マッスルカーをメインにアメリカ車を全般的にも扱い「クルマは飾りじゃない。乗って楽しむもの…」というスタンスで、機関系や足回り、ボディなどに手を入れ普段使いをこなせるコンディションへと仕上げている。年に数回同店で主催するツーリングには70年代を中心としたアメリカ車がズラリ勢揃いするという。同店のオーナー自らも1973年型のポンティアック・ファイアーバード・トランザムを駆ってイベントに参加しているとのこと。自らもアメリカ車を楽しんでいるオーナーのひとりというわけだ。

紹介する2台のクルマも、エフパフォーマンスのコンセプトのもと仕上げられたリアルアメリカンマッスルカー達で、どのクルマも当時の雰囲気を綺麗なまま現代に残す。アメリカ本国でも車両価格の高騰が著しいマッスルカー市場だが、このクルマ達も年々入手困難になってきている。

 

1973 Pontiac Firebird Trans-Am

アメリカでも探しだすのが困難になりつつある年代のTrans-Am。455ci V8が搭載される同車はエフパフォーマンスのオーナー自らがステアリングを握っている1台。オリジナルの雰囲気を崩さないよう、機関系、足回りに手が入れられ普段乗りも可能にしている。ツーリングやイベント等で活躍している。

 

1979 Pontiac Firebird Trans-Am

オリジナルのスタイルを残しながら、エンジン&トランスミッションといった機関系や足回りに手を入れ、普段乗りを可能にしている。現車は、17インチにインチアップしているが、純正と同じスノーフレークデザインを再現したホイールを履かせることで、オリジナルの雰囲気を残しつつ、より精悍さに磨きがかかった。

 

この年代のアメ車の魅力は何と言ってもロングノーズを持った美しいデザインと、トルクフルな走りをもたらす大排気量V8エンジン。エフパフォーマンスではその両方がしっかりと楽しめるようにクルマを仕上げている。ルックスはオリジナルのデザインを踏襲して当時の雰囲気を残しながらも、全てに純正パーツを使うのではなく、ユーザーとの綿密な打ち合わせの後、乗って楽しむための最適なパーツをチョイスしてクルマが出来上がっていく。そのため、現代の交通事情でも安心して70年代マッスルを楽しむことができる。

同店のコンセプト「クルマは飾りじゃない。乗って楽しむもの…」はこの業界ではよく耳にするフレーズだが、これを実践しているショップはなかなかない。エフパフォーマンスへぜひ。

70年代のモデルとなれば、すでに40年が経過している。今なお不自由なく走るためには、専門的な知識と技術でリフレッシュさせることが必要だ。エフパフォーマンスは、20年以上もカマロファイヤーバードを中心とするマッスルカーを専門に扱うプロショップ。エンジンオーバーホールから鈑金塗装、内装リペアといった様々な対応が可能。飾りじゃなく、不自由なく走らせたいと思ったら、エフパフォーマンスという選択がありだ。

Special Thanks:F PERFORMANCE
TEL:03-3676-5515
URL:http://www.f-performance.jp/

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE


関連記事

  1. 2018 Challenger SR SRT Hellcat Wide V8とスーパーチャージャーの音がチャレンジャーを購入する決め手で…
  2. CORVETTE C1、C1コルベット コルベットヒストリー①【1953~1962 コルベットC1】
  3. 2005 フォード マスタングGT、2005 FORD MUSTANG GT 第6世代マスタングを舞台に フルカスタムの楽しさ、ここに極まれり…
  4. 2018 DODGE CHALLENGER SRT DEMON ベース車両はチャレンジャーデーモン、唯一無二の姿を実現する
  5. 1968 PLYMOUTH VALIANT、プリマスヴァリアント 素朴なスタイリングのなんかイイカンジな奴 プリマスヴァリアント
  6. FORD MUSTANG SHELBY GT350、アメマガガール マスタングの最高峰と言えばGT350、記念すべき納車の日に取材敢…
  7. ガレージトップスピード いまチャレンジャーに乗るなら色にたかぶるベシ!
  8. シボレー210 古くても気楽に乗りたい、だからラットの方が好き!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×