アメマガガールズ

ソルスティスの出会いは映画「トランスフォーマー」ポンティアック ソルスティス YUUKA ☆ アメマガガール

DSC_1553

劇中に登場した珍しいアメ車が彼女のハートを射止めた♥

DSC_1544

名前は知っていたとしても実物を目にした人はそう多くない「ポンティアック・ソルスティス」。オーナーである彼女も納車するまでは実物を見たことがなかったらしい。しかし、そんなことはまったく気にならないほどゾッコンにさせたニクイ奴。

ソルスティスが愛おしくてたまらない♪

ポンティアック・ソルスティスは2005年に2006年モデルとして登場した、アメ車では珍しいコンパクトスポーツカー。しかし2009年モデルを最後に姿を消してしまったため、存在自体が希少。しかも日本での流通量もわずかだけに実物を目にした人は少ないと思う。仕事柄数多くのアメ車と接している筆者でさえ実物を目にしたのは数年ぶりなのだが、そんなソルスティスを現在20歳の侑花さんが愛車としている。これも希少と言えるだろう。彼女とソルスティスの出会いは映画「トランスフォーマー」。そろそろ免許が取得できる年頃となった際にDVDで鑑賞。劇中には数多くのアメ車が登場するけれど、侑花さんが惹かれたのはバンブルビーが偽装するカマロではなく、ジャズが偽装するソルスティスだった。しかし鑑賞時には名前が分からずにすぐさまネットで調べたのはイマドキらしいが、ここで人生初となるクルマが決定した。それに「所有するクルマは誰かとかぶりたくない!!」という思いを強烈に抱いていただけに、ソルスティスはまさに打って付け。その思いを実現させたのが2016年9月。念願だったクルマを手に入れて毎日が楽しくて仕方がないといった彼女。さらに自分色に染めていくべくホイールを換え、シート&内張りの張り替えを行ない、まさにこれからといった矢先に思わぬ出来事が起き、ソルスティスは廃車となってしまった…。だけど、諦めきれない侑花さんは1か月後には再びソルスティスを手に入れ、現愛車は2台目となる。諦められなかった理由の一番は「走るのが楽しい」ってことと、「乗っている人が見たことがない」ってこと。とにかくめちゃくちゃ愛着が湧いてしまって、絶対にもう一度乗ろうと決意。失ってからひと月も経たずに(笑)。1台目の時からもちろん大好きだったけれど、事故があったことで溺愛っぷりに拍車が掛かり、毎日エンジンを掛けて調子を確認することがルーティンとなり、さらには雨の日は汚れてしまうから乗らないと決めているとか。「もう絶対に失いたくないので大切に乗っています♥」と。しかも1台目でカスタムした箇所には奇跡的にダメージがなかったことで、それらをすべて2台目に移植。「前のソルスティスが戻ってきたようで嬉しい♪」とも。

ソルスティスのお気に入りは「シンプルなデザイン」と「リアから見た時の丸みが可愛さ」、そして「ボンネットの開き方」。だけどボンネットは納車してから開き方を知ったらしい(笑)

■ Thanks:COAST MOTORING
TEL.04-2946-7203 http://coast-jp.com

■Text & Photos|アメ車magazine

アメ車マガジン 2017年12月号掲載


関連記事

  1. IMG_9646 「ザ・アメ車」の存在感 1953 キャデラック エルドラド【バー…
  2. _N6I1333 大きなクルマに乗りたい。そんな彼女が選んだのは、可愛らしい雰囲気…
  3. _N6I9780_opt BOSS302カムを搭載したフォードトリノGT / マリーナブル…
  4. 1 大径履きスタイルに新風を吹き込む、クラシックシボレーという選択肢…
  5. CA4R0031 日本でもっとも300Cを愛するアメ車女子 進化への情熱は止まらな…
  6. DSC_1626 愛車はサバーバンと同じ顔を持つC-1500。当てては直しを繰り返…
  7. AM3I1164 アメ車女子ミーティング開催! 18台のアメマガガールが集合した!…
  8. ワークエモーションCR 3P、WORK EMOTION CR 3P、立花未来 WORK ホイールの製造現場へ、クオリティの高さを肌で体感

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP