ショップ

カスタム界で注目のショップは、オーナーと長く付き合える“信頼”がウリ【オールインポート】

15

アメ車業界を盛り上げるため、新しい試みにドンドン挑戦中!

苦戦が続くアメ車業界だが、それでも何か新しい仕掛けを起こして盛り上げたいと意気込むショップもある。それが埼玉県のオールインポートだ。攻めのカスタムばかりに注目が集まるが、ショップ方針は「オーナーと長く付き合える透明性のある運営」だ。

15

車両価格と整備では、絶対に嘘は付きたくない

創業7年と歴史こそ浅いが、アメ車に対する思いは熱い。低迷するアメ車業界をどうにか盛り上げようと、常に何かを模索し行動に移す。それが埼玉県三郷市のオールインポートだ。同ショップの名が一躍大きくなったのが数年前。そのキッカケとなったのが、下でも紹介しているド派手なマスタングのカスタムを製作してからだ。その後もチャレンジャーなど次々とカスタムモデルを披露し、今では関東のアメ車カスタムでは「オールインポート」の名は知らない人はいない。装着するパーツは、アメリカ現地法人を通し最新パーツが取り寄せられ、同ショップで徹底的にフィッティングを追求。そのこだわりは、同業の重鎮達も目を見張る。現在推しているのは、同ショップが日本総代理店となるマスタング・エコブースト専用のCOBBチューンの展開だ。3段階の設定システムがあり、段階的に能力がレベルアップ。フル設定ともなれば「所詮直4でしょ」という言葉は言えなくなる。アメ車がエコ路線にシフトしていく中でも、チューニングで「アメ車の面白さ」を提案するなど、時代にあった手法を取り入れているのだ。新しい試みを取り入れているなかで、創業当時から変わらないのが、販売車両の信頼性と透明性のある表示価格を徹底しているところ。同ショップが扱う車両は、本国ディーラー仕入れがメインで、走行距離基準を設けて実走行の書類が必ず添付される。表示する価格は諸経費を含む乗り出し価格となり、契約後に何か分からない金額が上乗せされた、なんてことはない。整備でも透明性を徹底し、交換パーツや整備内容、それに掛かる費用も詳細に説明する。カスタムばかりに注目が集まるオールインポートだが、代表の富安氏は「車両価格や整備内容など、お金とクルマの状態に納得できず、アメ車を手放すオーナーも多いと聞きます。それは業界全体として大変残念な話。僕達はオーナー一人一人と向き合って、長く付き合えるショップになるよう心掛けているので、もしクルマのことで何か悩んでいたら、相談してください」と語る。信頼あるショップとの出会いが、アメ車を長く乗る秘訣。その一つとして、オールインポートは選択肢となる。

36

マスタングエコブースト専用COBBチューニング

COBB

オールインポートが日本総代理店を務める、マスタング・エコブースト専用COBBチューニング。ステージ1、ステージ2、ステージ3の三段階のチューニングのセッティングがある。全てキット化商品で、取り付け施工には加工不要のボルトオンで装着が可能。写真右は、ステージ2のインテークとインタークーラー。

ステージ3のフルステン大径エギゾースト。

COBBチューニングの第1ステップとなるのがステージ1。ECUチューンデバイスのアクセスポートと専用エアフィルターのセット。純正より平均30hpの向上が得られる。エンジンチェックランプの診断、DTCコードのクリア、オイルプレッシャー、水温、油温、ブースト圧、様々なチェックがリアルタイムで確認可能となる。

229

3段階システムの能力設定が可能 オーナーと長く付き合える“信頼”がウリ
フル設定で純正から65hpアップの375hpに拡大!

2005y FORD MUSTANG GT
新車並行。走行49,000㎞。オールインポートのデモカー。Sフォージド22インチ、KRZブレーキ、KRZエアサス、ワイドボディ、GTウイング、ガルウイングなどカスタム多数。

CA4R00322222

2017y FORD MUSTANG EcoBoost Premium FastBack
新車並行。走行23,000㎞。現行マスタング・エコブーストの最上級モデル。フルオリジナル。2018年モデルでマイナーチェンジがされるので、このフェイスのラストモデル!

111

2012y DODGE CHARGER SRT8 SUPERBEE
新車並行。走行16,000マイル。スーパービー専用デカールなどが装着される特別モデル。ALPINE専用オーディオ、カロッツェリアHDDナビ、フルセグ、ETC、バックカメラが装着済み。

120

オールインポート代表の冨安氏(右写真右)、店長の藤岡氏(右写真左)。2人が羽織るレジャージャケットは、レザー職人とオールインポートが共同開発した世界に一つだけのジャケット。同ショップで販売中だ。

マスタング・エコブーストのダウンサイジングモデルから、SRTなど大排気量モデル、SUVなどバリエーション豊富な販売車両が並ぶ店内。メンテナンスも自社で行なっている。KRZの東日本代理店でもあり、カスタムパーツの対応の早さもショップの大きな魅力となっている。

SHOP DATA
ALL IMPORT【オールインポート】
●所在地/埼玉県三郷市半田1063-2
●TEL/048-959-9419
●URL/www.allimport.jp
●営業時間/10:00~19:00
●定休日/月曜日

■写真/古閑章郎 ■文/相馬一丈

2018年 アメ車マガジン 2月号掲載


関連記事

  1. _N6I0473_opt のコピー ジワジワと来ているビンテージアメリカン、東海カーズなら最高の1台…
  2. JEEP OUTLET TOKYO、ジープ・アウトレット・トーキョー 正規ディーラーの経験を活かし、ジープ現行車種をアウトレット価格で…
  3. 2018 CHALLENGER SXT、2015 CHALLENGER SRT8 良質なユーズド・チャレンジャーをライバル車と見比べられる好環境
  4. CPL CAR STYLE、CPLカースタイル 豊富な在庫から好みのチャレンジャーを選べ、ないモデルはアメリカか…
  5. ホットロッズファクトリー ホットロッズファクトリーは、SUVからパッセンジャーカーまで、様…
  6. メガキング.com 手が届かなかった有名ブランド品も 夢じゃない!中古パーツの選択肢…
  7. 475 アメ車を安心して楽しんで欲しいからオーナーとの信頼の絆を一番に考…
  8. IMG_1349_ 古いアメ車だって完璧な状態で乗ってほしい【ワイズガレージ】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×