オープン

RK SPORT CARBON &GLASS FIBER BODY KIT FOR CHEVROLET C7 CORVETTE 【WINGAUTO】

DSC_8821

C7コルベットをブラッシュアップさせるマジック!流麗に、そして大胆に!!

DSC_8821

アメリカンスーパースポーツとして、その存在感を誇示し続けるコルベット。第7世代へと突入してもそれがブレることはない。そんなコルベットをさらなる高みへと誘うボディキットがある。それが「RK SPORT」だ!!

デザイン性はもちろん、機能美も抜群RK SPORT ボディキット

DSC_8827

コルベットらしさに拍車を掛けるボディキット!!

輸入車の総合ディーラーであり、GMの正規ディーラーである「シボレー名岐」を展開するウイングオートは、魅力的なアメ車を数多く日本全国に配信し続けてきた老舗ショップ。

そんなウイングオートは海外カスタムブランドとも積極的にコラボレートして、ヘネシーパフォーマンス、D3、HREホイールなどを取り扱ってきたが、それに続く新たな刺客として「RKスポーツ」の取り扱いをスタートさせた。RKスポーツは20年の歴史を持つアメリカのエアロパーツメーカーで、1990年代後半の4thカマロが全盛を極めていた時には、同メーカーのボディキットでメイクしたモデルを数多く紹介したほどである。

さて今回はというと、C7コルベットがベース。第7世代の特徴は、流麗さはそのままによりラインを強調させていること。これによってイメージをガラッと変えてスポーティさに拍車を掛けているのだが、さらに進化をもたらしているのが、そうRKスポーツのボディキットというわけだ。

纏わせたのはフロントスポイラー、サイドロッカーパネル 、トランクスポイラー、リアディフューザー。コルベットのラインに同調したデザインもさることながら、レースシーンからのフィードバックによって機能性をしっかりと確保した作り込みが秀逸。そして素材はカーボンファイバーとグラスファイバーの2タイプが用意されている。華麗かつ大胆さを求めるならば、ベストな選択だ!

DSC_8863

フロントスポイラーはリップタイプで、その両端には小振りだがカナードがあしらわれている。そしてボディラインに同調したサイドロッカーパネルに、しっかりと自己主張したトランクスポイラー、最後はレーシーさが際立つリアディフューザー。

DSC_8746

Z51に装着されているボディキットの素材はグラスファイバーで、同色ペイントが施されている。装着していることを際立たせるのもアレンジの一つだが、同色でさり気なさを出すのもアリだ

■RK SPORT CARBON FIBER
Front Spoiler…………………………………..¥215,000
Side Rocker Panels……………………….¥217,000
Rear Spoiler …………………………………..¥202,000
Rear Diffuser…………………………………..¥380,000
■RK SPORT GLASS FIBER
Front Spoiler…………………………………..¥138,000
Side Rocker Panels……………………….¥138,000
Rear Spoiler …………………………………..¥138,000
Rear Diffuser…………………………………..¥178,000
※価格は消費税抜き
カーボンファイバーには別途取り付け工賃、グラスファイバーには別途ペイント代と取り付け工賃が掛かります。

コンバーチブルはカーボンタイプのフロントスポイラーとサイドロッカーパネルのみの装着だが、カジュアルに着こなすといった雰囲気でまとめるならば、こういった使い分けもできる。

■取材協力:WINGAUTO(シボレー名岐)http://www.wingauto.co.jp

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE


関連記事

  1. The 2017 Camaro ZL1 is poised to challenge the most advanced performance cars in the world in any measure  Ewith unprecedented levels of technology, refinement, track capability and straight-line acceleration. A cohesive suite of performance technologies tailors ZL1’s performance, featuring an updated Magnetic Ride suspension, Performance Traction Management, electronic limited-slip differential, Custom Launch Control and Driver Mode Selector. The ZL1 Convertible’s modular underbody bracing provides the same sharp, nimble handling as the coupe, while its fully automatic top can be raised or lowered with a single button while driving up to 30 mph, or lowered remotely with the keyfob. 最強のカマロがさらに最強になった!ヘルキャットも凌駕する!? 2…
  2. B0V8232 何とも言えない個性的なスタイリングが最大の特徴と言えるシボレーC…
  3. 1999 FORD MUSTANG 次世代とは似ても似つかぬフェイスとスタイリングではあるが、ポニー…
  4. 1964y フォードサンダーバード 【BUBU横浜 1964y フォードサンダーバード】フィフティー…
  5. _DSC8390 LBワークスボディキットをまとい、広島で一番のチャレンジャーに乗…
  6. DSC_1843 現在はランエボとマスタングを2台所有する筋金入りのクルマ道楽。
  7. 1956 BELAIR、1956 ベルエア クルマは走ってナンボ!ビンテージカーだって快適・快速がイイ
  8. 2015y DODGE CHALLENGER SRT HELLCAT、ダッジチャレンジャーSRTヘルキャット マッスル感を高めるMラインを注入 チャレンジャーSRTヘルキャッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×