ステーションワゴン

さりげなく…でも個性をアピール!他の誰ともカブらないカラーリング ダッジマグナム【ジェットシティ】

_N6I1557

SOUL OF MOPAR
JETCITY
DODGE MAGNUM

マッスルカーと言えば、ハイパフォーマンスな走りを楽しむためにセダンやクーペがほとんど。だが、300Cと各部を共通とするマグナムも、ワゴンだがマッスルカーに属する。独特の存在感にも関わらず短命に終わったが、ジェットシティがその魅力に磨きをかける。

ありそうでなかった上下でのツートンペイント

2004年から、わずか5年間の間だけ北米で販売されたマグナム。折からのステーションワゴンブームもあって、日本国内でも比較的見かけた記憶があるが、アメリカ以外の国で正規販売されたのはクライスラーブランドの300Cツーリングで、何となくオイシイ所を横取りされたというか、不遇な印象が否めない。だが新車販売時は不人気でも、時が経つとタマ数の少なさがもてはやされ「レアモデル」と呼ばれる様になるから不思議なものだ。ここでは、最終モデルとなる08年型のSEをベースに、独特のカラーリングやエアサスの装着を得意とするJETCITYがマグナムの魅力を再構築した車両を紹介しよう。エクステリアはエアロなどを巻かず、敢えてノーマルのまま。ウエストラインから下半分は純正のブラックを活かすが、上半分はマットブラックにペイント。境界部にストライプを施したり、フロントマスクを塗り分ける事で、ラッピングには真似のできない独特な世界観を生み出している。足回りはユニバーサルエアーに交換し、着地寸前までダウン可能。広大なラゲッジスペースには4ガロンタンクが設置され、更にウーファーも追加。この広さはカスタムする上でも非常に有効と言える。ちなみに、JETCITYではこちらのマグナムを絶賛販売中。300Cほどのアクの強さはないので、大人が乗って似合うカスタムだ。

_N6I1557

ボンネットやルーフだけをペイントするケースは多いが、キャラクターラインを活かして塗り分ける。フロントマスクはフィンの部分にシルバーの差し色を施し、メリハリをつける。マフラーはギブソンに交換し、マッスルカーらしい力強さをアピールする。テールゲートはマークレス化を実施し、エアブラシを両側に施し個性を際立たせる。

_N6I1724

ブラックとクロームのコントラストが美しいココカチュールの22インチに、フロントは265/30R22、リヤは295/25R22のレクサーニの超偏平タイヤを組み合わせる。

_N6I1646

ステアリング、シフトノブ、シート、マットに至るまで、ジェットシティでカスタマイズを実施。

_N6I1503

ユニバーサルエアーのエアサスは、前後独立してコントロール。4ガロン(約15L)のタンクやスピーカーBOXがやすやすと格納できるラゲッジは、マグナムならでは。実用性を損なわないのもポイントと言える。

オープンから15周年を迎え、ますます個性的なアメ車を創造する広島のジェットシティ。広島の中心地から国道2号線を東に10kmほど向かったところにある。広いピットには何台ものアメ車が入庫し、様々なカスタムを実施中。様々なイベントでの受賞実績は技術力の高さを裏付けていると言えよう。

SHOP INFO
JETCITY【ジェットシティ】
●所在地/広島県安芸郡海田町国信2-6-43
●TEL/082-820-0377 ●URL/http://carshop-jetcity.com/

写真/浅井岳男 文/空野稜

アメ車マガジン 2018年 5月号掲載


関連記事

  1. _8MA2237 オリジナルの良さを伸ばしカスタム魂を刺激させる!ダッジチャージャ…
  2. 1971 DODGE Challenger 【71年型チャレンジャー】グラフィックが際立つMOPARマッスル…
  3. そろそろアメ車が乗りたいんだよね、マグナムって面白いかも
  4. 2011y DODGE CHALLENGER SRT8、2011y ダッジチャレンジャー SRT8 チャレンジャーSRT8をエアサスでもガンガン走れる仕様へ
  5. 2012 DODGE CHALLENGER キャンディーゲートのデモカーにさらなるカスタムを施して進化したチ…
  6. 2018 DODGE CHALLENGER SRT DEMON、2018 ダッジチャレンジャーSRTデーモン 異次元の840hpを叩き出す最強チャレンジャー 2018 チャレ…
  7. 1972 DODGE CORONET 4ドアのコロネットを絶妙にアレンジ、マッスルカー的なアプローチの…
  8. EDGE CUSTOMS CHALLENGER S RED EYE、ダッジチャレンジャーSRTヘルキャット フロントマスクの印象から、付いたサブネームは「レッドアイ」エッジ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×