Impala

  1. 1

    大径履きスタイルに新風を吹き込む、クラシックシボレーという選択肢 1969y シボレー インパラ

    アメリカンカスタムを代表する1つのスタイルにまで上り詰めた“大径ホイール履き”。ベースにマイナーな69年式インパラを選んだことで、さらにインパクトが増し増しに!

  2. _N6I9780_opt

    BOSS302カムを搭載したフォードトリノGT / マリーナブルーのシボレーインパラコンバーチブル【BUBU横浜】

    日本のビンテージアメリカンと言うと、どうしてもマッスルカーやスーパースポーツのイメージが強い傾向がある。だが、おおらかで大陸的な走りを体感できる大衆車こそ、アメリカの空気を感じるには最適。

  3. 01_GC_Main2_opt

    カスタムも視野に入る 59年型シボレーインパラ【グレイスキャブ】

    カスタムシーンで数々の受賞をプロデュースする、愛知県の実力派ショップ「グレイスキャブ」。同店のインパラは、貴重なオリジナルパーツを残す、かなり珍しい1台だった。

amZ2020 フォトギャラリー

PAGE TOP
×