シボレー

伝説のモンスタートラック454SS 桁違いの加速を堪能せよ!【ガレージジョーカー】

6

USED CAR
THE PICK UP TEST DRIVE
ショップがイチオシする
アメ車中古車を徹底試乗紹介
1990 CHEVROLET C1500 454SS

もはや入手困難なモデルとしてその名前があがるシボレー・C1500・454SS。通常のC1500の特別グレードで、7.4ℓV8エンジンを搭載する、まさにモンスタートラック。そのレアモデルが千葉県がレジジョーカーに入庫した!

233

IMPRESSIONS
軽く踏み込むとホイールスピン
さすがの7.4ℓ、SSは伊達じゃない!

「ドッドッドッドォ~」。久々にアメ車の大排気量エンジン音を聞くと、感動で思わずニヤケてしまう。ギアをドライブに入れる前から走りたくてウズウズするこの音、エコカー信者には理解できないだろうね。音以上に感動するのが、スタートの加速。やや強く踏み込んだだけでホイールスピンするほど加速レスポンスはバツグンで、スピードメーターはドンドン上がっていく。アクセルを踏まないクリープ状態でも驚くほど前に進んでいくので渋滞中は苦労しそうだが、これも加速の助走と割り切りたい。走りが楽しいクルマは、本当に面白い。それに尽きる。

229

希少性だけではなく品質にもこだわる
安心して乗れるアメ車を提供

レアなUS雑貨販売と、超個性的な小川社長をアメマガで何度もクローズアップしたことにより、千葉県のガレージジョーカーは読者にとっておなじみのショップだろう。同ショップが扱う販売車両は、とにかく品質重視。人気があるモデルをとにかく並べることはせず、納得が行くレベルの状態を保った車両だけを仕入れ、さらに代表的な消耗品も交換して店頭に並べる。それ故、価格だけを見れば他店より高くなってしまう場合もあるが、それはオーナーに安心して長く乗ってもらうための先行投資が含まれる。安い車両を購入し、後に同ショップが行なった消耗品を交換しようとすると、その金額はかなりの額になるはずだ。ヴィンテージモデルが一番の好物だという小川氏だが、店頭に並ぶ多くは90年台モデル。その理由は、この年代のアメ車がメンテナンス性にも優れ、パーツもまだ入手できて一般ユーザーにおすすめできるからだと語る。今回注目したのは、長い歴史を持つシボレーC/Kトラックの中で、入手困難なレアモデルとして名前があがるC1500・454SS。90年~93年の4年間だけ生産された、特別スポーツグレードだ。90年台後半の日本のアメ車ブームの際には大きく注目され、リッチなカスタムベースに選ばれた。しかし現在その個体数は激減し、ノーマルはほぼ絶滅。今回のモデルは、ノーマルに近い希少なモデルだ。

年々個体数が減少するレアモデル
ノーマルテイストがさらに希少

カスタムベースとして人気を博したC1500。現存するモデルは、ほぼカスタムされてるといっていい。同じように454SSもカスタムされたモデルがほとんどで、この車両のようにノーマルに近い状態を保っているのはかなり希少だ。

インテリアも状態良し
程度は最高級だ

90年~93年の4年間だけ生産されたC1500・454SS。「SS」とはスーパースポーツの略で、シボレーのハイパフォーマンスグレードだ。「454」とはアメリカのエンジン容量(キュービックインチ)で、日本的に言えば7.4ℓ。一般的なC1500のエンジンが5.7ℓだから、いかに巨大エンジンを搭載しているかが分かる。その454SSの生産台数はトータルで1万6953台といわれ、初年度の90年が一番生産数が多い。今回のモデルも90年モデルだ。仕様はモデルイヤーによって異なり、90年型はミッションが3ATで、1年以降は4AT。エンジンもブラッシュアップして230hpから255hpへ向上している。C1500はカスタムベースとして多く使われ、ノーマル状態を保っている車両はほぼ皆無。この車両はダウンサス、ロールパン、クリアヘッドライト、フロントタイヤサイズを275から235に変更しているが、変更されがちなグリルはそのまま残されるなど、ノーマルに近い状態を保つ。インテリアは追加メーターが加わるだけで当時のまま。454SSの特徴であるガーネットレッドカラーのシートも、ここまで綺麗な状態を保たれているのは珍しい。点火系・水回り系の消耗品は交換済みで、機関系は絶好調。こんな454SS、中々ない。

SPEC
全長×全幅×全高●4927×1955×1778mm
ホイールベース●2997mm
エンジン●V8
排気量●7.4ℓ
最高出力●230hp/3600rpm
最大トルク●53.2kg-m/1600rpm
トランスミッション●3AT

日本で流通するスタンダードなC1500のエンジンは5.7ℓだが、454SSは7.4ℓV8を搭載する。90年型は230hpを発揮。91年以降モデルは255hpに向上した。1ナンバー登録のため、自動車税も抑えられる。

169

ホイールはバセットの15インチ。タイヤサイズはオリジナルで前後275/60/15となるが、今回のモデルはフロントが235/60/15となっている。

104

ヘッドライトをクリアタイプに変更されているが、変更されがちなグリルはオリジナルのまま。ボウタイエンブレムを縁取るレッドのワンポイントも454SSの証だ。

97

オリジナルはステップ付きリアバンパーだが、このモデルはフラットなロールパンに変更。本来鉄板むき出しの荷台にはベッドライナーが追加されている。

センター部分が補助シート的に折りたたみされるベンチシートがスタンダードと思われるが、このモデルに装着されているシートは2面タイプのベンチシート。454SSに設定されているカラーのガーネットレッドのシートは、ヘタリもなく張りも強い状態。エンジンパワーが大きいためシートにホールド感を求めたくなるが、逆にこの開放感を味わいたい。

メーター周りで454SSだけの装備はなく、スタンダードと同じ。この車両は、追加メーターが設置されているだけでオリジナルを保つ。スイッチ類に使用感こそあれど、大きなダメージはない。

GARAGE JOKER ガレージジョーカー

千葉県銚子市にあるガレージジョーカー。90年代の高品質モデルを中心に車両販売を行なっている。長く安心してアメ車に乗って欲しいとして、車両は消耗品交換済。アメリカにパーツ仕入れのルートがあり、毎週アメリカから荷物が届くなど、取り寄せパーツの入手は驚くほど早い。もはやお馴染みとなったUS雑貨は全国にファンが多く、こちらも定期的に新商品が入荷。生産中止となったグッズも多く、迷うなら即購入しよう。

SHOP DATA

●所在地/千葉県銚子市野尻町51
●TEL/0479-26-3949
●URL/http://www.garage-joker.com
●営業時間/10:00~19:00
●定休日/火曜日

写真/古閑章郎/相馬一丈

アメ車マガジン 2018年 5月号掲載


関連記事

  1. 2018 FORD F-150 LARIAT SUPER CREW 4×4 FX4 Off-Road Package アメリカ国内のパーソナルカーで 販売台数が一番多い人気車なのだ!…
  2. 1998 CHEVROLET CORVETTE COUPE コルベットラバーズジャパンミーティング主催者が12年間愛用するC…
  3. DSC_6845 アバランチなのにシエラ!? 究極のスラムドで魅せる シボレーアバ…
  4. 2009 TOYOTA TACOMA SR5 できることは自身で行ないタコマ愛を育む♡
  5. 2019 シボレー コルベット スティングレイ 3LT コンバーチブル、2019 CHEVROLET CORVETTE STINGRAY 3LT CONVERTIBLE 国内正規ディーラーでは存在しない本国仕様のコルベットコンバーチブ…
  6. 2019 ALL-NEW CHEVROLET BLAZER RS 『シボレーブレイザーRS』次世代型クロスオーバーSUVとして登場…
  7. 2005y DODGE RAM DAYTONA、2005y DODGE RAM LARAMIE、2010y DODGE RAM SLT 若者たちが挙って愛用するラムトラック、ラムならではの個性的なスタ…
  8. 2017y CHEVROLET C7 CORVETTE STINGRAY、2011y CHEVROLET C6 CORVETTE Z06 本気でサーキット走行を楽しみ、走りに酔いしれている2台のコルベッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×